デッキ解説

【デッキ解説】「神威ドリーム」byみおん

以下、制作者みおんさんによるデッキについての解説です。

★デッキレシピはコチラ★

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

■構築のポイント

実はあまり調整の機会がなかったデッキなので、大げさなものは無いのですが…
・神威が死なないストーリー構成
・デッキを回すための青の投入
くらいでしょうか。

キーパーツは神威、封真、躯の記憶(できれば小鳥)だけなので揃う時はあっけなく揃ってしまうと思います。
逆にキーキャラが何度もアクションに行かなければならないので、いかに神威を落とさないかが焦点になってくるのです。
黒単だとドロー四月一日やお礼のお礼なども入るかとは思いますが、このデッキには”引きたくないカード”が存在することから青を選択、また青の枚数から青コストの拘束が厳しいので十億円も採用しませんでした。
かと言って良由起は全く必要が無いので、別の青のカードに変更するのが◎
そういう意味では砕軌も同様なのですが、どちらも色コストを出したいという点でのみいれてます。
イベントにしなかったのは、その他のイベントが既に10枚を超えていたからです。
より良いキャラクターカードをみつけて入れ替えるのが最適だと思いますが、どんなカードにしても優先的にコストになるのでそこまで関係ないのも確かかもしれません(笑)

封真は復帰コストも安く神威が落ちにくくなるNを二枚採用。
1枚R封真なのは相手の神威&封真対策と、ちょっとだけコンボあり。

キーキャラ以外は主に妨害をメインに考えたキャラを入れています。
そのキャラが黒の皇子にアクションできたり、星史郎能力が無制限や2弾昴と噛み合ったりすると嬉しいかなー…なんて。

小学生神威は完全にコンボパーツなので、小学生小鳥は入れていません。
それよりも守りたい人たちへのアクションや神威サーチ、新保との相性を考えて高校生の小鳥が三枚です。


■回し方のポイント

・神威を愛する事
・とにかく全力で神威を信じる事
・愛しすぎて神威を引きすぎないこと←大事故です

…すいません嘘ですいや嘘じゃないけど!
でも私はファイを愛してますから(’’

・マリガンについて
小学生神威、躯の記憶、黒コスト1があれば迷うことなく始めてください。
加えてチャリンコ封真があれば最高です。
小学生神威だけでも始めていいと思いますが、できれば青のサーチ系が一緒にあることが望ましいです。
躯の記憶だけだったときも同じことが言えますが、小鳥がいた場合は始めてもいいと思います。
ただし小鳥で見た時に大きい神威がいても手札にとってはいけません。
一番困るのが初手に高校生神威が来てしまった時だと思います。
けれど、その他が記憶・封真・小鳥・小学生神威のどれか3揃いとかでなければ迷わずマリガンしてください。
少なくとも5ターン目には出せる、その考えではこのデッキは負けてしまいます。
神威が必要なストーリーが4つないし5つある事、近頃は速攻タイプのデッキが多い事からも無難な選択肢は負けに繋がります。

・ストーリーの順番
基本的にはかぶら矢→皇子→雨→守りたいで、神威が死ぬ可能性のあるターンに『夢』をクリアしに行きます。
キャラクターさえ揃っていれば、雨・守りたい・『夢』では一方的に相手を削る事が出来るので、結局そのストーリーはスルーされる事が多くなってきます。
ただ実戦でその通りに行く事はまずなく、『夢』や雨がラストに残る事が多かったです。
気をつけなければならない事は相手の盤面を見て、神威を落とさないようにする事。
神威をリカバリーさせる時間を作ってしまうと、攻めのテンポを奪われてしまいます。
神威で妨害をしなければならなくなってしまうと自分がアクションに出られなくなってしまうので、神威は一度場に出たら、勝つまで死なせない気持ちで挑んでください。
あと忘れがちなのが、『夢』が神威一人でなくても良い事と、守りたいが3人指定ではないことです。
最後の一枚の時に限られるとは思いますが、相手の火力と自分のイベントを計算して、ごり押しできるようならば決着を。

・躯の記憶
一見神威にしか用が無い様に見えますが、封真と昴流も実は入れ替え出来ます。
そして入れ替えたキャラは活動状態になる事、シャッフルができるところも忘れずに。

・友達じゃないです!!
元は黒の皇子が遅れた場合にと思って入れたカードでしたが、かぶら矢や『夢』にも効力を発揮してくれました。
星ちゃん能力を使ってからなら、誰でも無制限1枚で落とせるので、妨害値のきついかぶら矢でも終盤で通せたりするのです。
(そんな終盤までかぶら矢残したくないですがorz)

■ギミック集?

①神威ちゃん育ちました
言わずと知れたメインコンボ。
躯の記憶で1コストの神威からDD神威へとチェンジさせ、最速2ターン目から猛攻をかけます。
2ターン目にかぶら矢が通ると海海や青単にブレーキをかけさせることができます。

②4ターン目・R封真限定奇襲
1ターン目に小学生神威、2ターン目に躯の記憶以外、3ターン目にR封真が出てる時のみの奇襲です。
4ターン目にエキストラおいて4コストになったらまず封真の能力で小学生神威を寝かせます→封真6/3に→躯の記憶→寝ていた小学生神威が捨て札になって6/3神威が出てきます。
これで黒の皇子ともうひとつ、奇襲をかけられます。
3/3封真しかいないと思って油断している時に刺さると楽しいですw
5ターン目以降の実用性は謎…

③桜塚星史郎
キーパーツではないですが、様々な場面で使えるカードです。
手札に大神威を引いてしまった時に、場にいる小神威を食べてくれる事。
デッキを回したい時に新保や小鳥を食べてくれる事。
黒の皇子にいけること。
能力が黒のイベントや体力にとても噛み合ってる事。
侑子なんて怖くない。

④皇昴流・北都
5弾の二人を使うと7/2死なない昴流ができます。
アクション両方ですがこのデッキでは基本的に妨害の時に使います(or皇子)
これを使わなければならないほど押されている時点で敗北が濃い目ではありますが、6or7という火力は侮れないと思います。
一応昴流1、北都2、7コストあると相手ターンで使用していても毎ターンまわせます。
そこがギゲイとの違いかな?

⑤さくら
神威・封真どちらも起こせる良い子。
この能力もやはり序盤で使うものではないので使うところまで持って行きたくはないのですが;
一応R封真の能力で神威を寝かす→封真6/3→さくらの能力で神威を起こすで火力の底上げは出来なくも無い…かもしれない。



■今後このデッキを使ってみようと思ってくださった方へ(いるのか?orz)

まず05-044小島良由起を05-045琴子に変えてください(笑)
これだけは間違いなくエラーです事故です大問題です。
これを入れると手札に引いてしまったDD神威をデッキに戻せるチャンスが生まれます。
序盤に大神威を手札に引くのは致命的な事故なので、記憶コンボが多少遅くなっても5ターン目より早く活動状態で出るだけでかなり差があると思います。
あとは結界なんかを入れてもおもしろいかもしれないですし、黒青でなく黒単や他の色との組み合わせも試してみてもいいかもしれません。

ただこれはいわゆる”勝ち”を意識して安定を目指した『ガチデッキ』とは違います。
その辺りは踏まえたうえで、神威を愛し、2ターン目かぶら矢でハァハァしてもらえれば幸いです(笑)

愛とか夢とかを詰め込むと、どうしても安定性が低くなる事が多いと思います。
安定を極めに極めて確実に勝ちを取りに行くのもひとつのスタイルだと、やりたい事だと思います。
誰だって負けたら悔しい。
そんな中で、大好きなキャラクターや面白いカードを使う。
そして勝ったときの喜び。
やっぱりすごく嬉しいんですよ、「○○(キャラ名)、私勝ったよー!」みたいな(笑)
どんな形にしろ自分なりのスタイルを貫いて勝った時が一番嬉しいと思うので!
愛や夢を貫いてる、そんな人たちの希望?勇気?みたいなものに少しでもなれたらいいなって思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)